ゼロ・エネルギー住宅は未来の家

皆さんは話題のZEH住宅を知ってるでしょうか?これはネットゼロエネルギーハウスの略であり、家のエネルギー収支が正味ゼロの住まいを意味します。そして、日々の暮らしで消費のエネルギーより家で作るエネルギーのほうが大きい住まいということ。屋根、外壁、床下など断熱性能を高くして気密性や痛風、最高性高くして、室内温度年間通し快適に保っていくことを目指すわけです。そして夏涼しく冬暖かな快適住まいになって冷暖房によるエネルギー消費極力抑えた暮らしを実現できます。そして、高い省エネ技術でエネルギー消費量抑えられて、空調や照明、給油において省エネ効果高い最新設備、システム活用していきます。そして開口部のひさし大きくし日差し遮ったり建物の通気循環配慮したり設計面から工夫してみて、省エネ性能を高くすることを目指します。そして、太陽光発電システム利用しエネルギー作ることもこの特徴であり、作ったエネルギーは日々の生活に利用される電力に回す以外に蓄電池など貯められます。そして、こうした技術組み合わせて家のエネルギー収支正味ゼロになる住まいなのがZEH住宅の特徴です。そして202年までにネット・ゼロエネルギーハウスを標準低住宅にするといった目標を掲げてます。ゼロ・エネルギー住宅を検討しましょう。

自然素材の平屋を三重で建てるなら