和風の家をよく知っておくことが大事

和風建築のメリットですが、日本人の住み方に合ってるところなのです。軒下の空間はその土地に合った使い方があって、寒い地域だと雪など部屋に入らないようにしたり、夏の時期に合わせ作った家は風通し、西日を遮るようなものであったり、コミュニケーションの場として利用されたりしました。また、近代の和風建築は日本人の生活文化根付いたものをさらに現代風アレンジしていて、昔の床に座る文化から椅子に座る文化になったことは畳以外に板張りの床採用して昔よりさらに天井高を取って、いす、立ち仕事圧迫感感じないような空間づくりの工夫感じさせます。そして自然素材のいいところを取り入れることも魅力になります。生氏はカーテンと違って外の光遮断するのでなく柔らかく取り込むため和紙を利用して木材仕上げは手になじむような質感に仕上げられていたり、細部から自然素材と共存してきたことを感じられるはずです。そして和風建築でメリットになるのは地震多い日本で今まで以上に耐震性能求めるようになったこと。そしてしっかり構造設計しており、建築基準法満たしてると木造、鉄骨増にかかわらず耐震性能がありますですが、木材はひとつづつ異なり、しっかりした大工など業者の室によると主張する方もいたりします。和風の家を作りましょう。

三重で平屋に建て替えるなら